川崎全自動TWITTERスクール 川崎拓哉 魔法のロボット

調べてみると、クリック数は、かなりの数あるので、ある程度稼いでいるのは間違いないでしょう。http://lastlanp.jp/robot/dp/6ppws.html一体何のためのURL変更なのか???次に、販売会社である、『中央新出版株式会社』の所在地、東京都千代田区九段南2-1-30 4F KSフロアとなっています。最初のセールスレターの動画では、全額返金保証を冒頭で言い切っています。しかし、TWITTERのBOTは無料で使えるものがあるし、20万円近く出して『川崎全自動TWITTERスクール』を買う価値があるのでしょうか?更に、購入後すぐに50万円もするバックエンドを薦めてくるという情報がありますので、気をつけたほうがいいですね!!この商材が詐欺か詐欺でないかよりも20万円+50万円もかけるほど、Twitterアフィリエイトがそんなに大きく稼げる分野ではないと私は思っています。」と明記しているではありませんかorzあと、さんざん、再現性100%と堂々と語っていたのに・・・特定商表記商取引法に基づく表示では「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

http://www.k-society.comしかもオフィスには固定電話さえもないのか、070・・・という電話番号です。更にbit.lyというURLを短縮する物を使っているのですが、これはその他にクリック数、流入元のデータなどをリアルタイムに見ることができるものです。しかし、その場所は会員制のバーチャルオフィスの住所なのです!!驚きですね。この『川崎拓哉の全自動TWITTERスクール』には幾つかの不思議なことが有ります。」と、自爆しています。

一日5分、たったの7クリックで、月600万円を稼ぐ夢の様な、魔法のロボットをつくったという川崎拓哉さんの『全自動Twitterスクール』です。まず、このセールスレターのURLは当初はhttp://lastlanp.jp/robot/dp/4mawo.html#movieと、このようになっていましたが、何故か途中からURLを変えています。URLの最後に+をつければクリック数がみれます。更にもう一つ、川崎拓哉の魔法のロボットの正体ですが・・・セールスレターで紹介しているモザイクがかかったTwitterアカウントは名言とか半自動でつぶやくbotです。この商材の仕掛け人はセールスレターでも、動画で後押ししている人物、真面目そうな好青年に見え、与沢大先生とは対照的な斉藤和也さんです。

特定商取引法に基づく表示には返金については、「いかなる場合にもご返金には対応致しておりません。まだ、このスクールは開講していませんが話題になることは間違いないでしょうから、見守っていこうと思います。彼は、今、最もこの業界では注目を浴びている人物といえるでしょう。でも、いまは消されちゃってますね・・・。現在はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加