エビルユーチューバー(EvilYoutuberSubject)邪道Youtuber育成プログラム

エビルユーチューバー(EvilYoutuberSubject)邪道Youtuber育成プログラムは本当に大丈夫?このエビルユーチューバーのノウハウを使えば、再生回数の多い“あたり”の動画を量産することができます。例えば、HIKAKIN(ヒカキン)さんとか、マックスむらいさんとか、シバターさんという有名な人がいます。しかし、現在の映像に関する利害関係やこういったメディア間の事情を考えるとそのような大幅な改正が簡単には行えません。しかし、巷ではYouTubeで稼ぐ方法を教えるエセYouTubeコンサルタントが出てきて荒稼ぎしていますね^^ただ、それほどこの動画の市場は良きにつけ、悪しきにつけ、稼ぐ可能性を秘めた大きな市場であることは間違いない事実なのでしょう。こういう人たちはアドセンス報酬という広告料によって稼げているわけです。

大事なことは、このノウハウが実際に稼げるノウハウなのか?そして、明日明後日に急に使えなくなるというレベルのノウハウなのか?ということです。例えば、人気のある芸能人だとかアイドルだとか、アニメ関連の動画というのはどんどん再生されています。と、いうことはこのノウハウでは確実に稼げてしまうわけです。もちろん、今後著作権法の改正やYouTubeの規制が強化される可能性については、この教材の著者も触れています。そう易易と過疎化するとは考えにくいですね。

エビルユーチューバーではこういう人達のことを、邪道YouTuberと呼んでいます。そうなれば、そこには玉石混交の情報が群がるものです。芸能人やアイドルやアニメやHOTなニュースを扱うわけですから量産もできるし、再生回数が上がるのも当然のことです。エビルだとか邪道だとか名乗っていますが、最近では珍しく、セールスレター上は至って正当なもののようです。一つ目は、YouTubeという媒体自体が過疎化してしまう。

問題は2つ目ですね。一つ目については、ほぼ心配はありません。文字に対して抵抗の有る方でも動画ならば見るという方が今は多いですし、今後更にそういった人口は増える傾向にあるからです。はっきり云って、この手法があなたに一生の財産をもたらすノウハウかというと、そうではありません。今回のエビルユーチューバーとはどんな教材なのでしょうか?冠にエビルだとか、邪道だとかわざわざ怪しい文言が並べるある意味で革新的な教材のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加