Youtubeプレナー育成プログラム 株式会社フリースタイル 河本真

集客の入り口としてYoutubeを使い、そこから情報発信をして、他の媒体や見込み客ののリストを集めることに特化した、Youtubeマーケティング教材です。しかし、私の周りには、記事を「書く」ということにはかなりの苦手意識を持っていますが、人前で「話す」ということには、さほど抵抗がない方のほうが多いのです。セールスレターにはビジネスの初心者が21万円の安定収入を得るための4つのステップが書かれています。このところ、Youtubeを利用した動画マーケティング系の教材がいくつか話題になっています。YouTubeプレナー育成プログラム レビューまさに、次世代を予感させるマーケティング手法を形にしたもので、こういった手法もアリなのではと正直いって思いました。

文章などの媒体よりも短期間で多くの見込み客を集めることは可能ですし、広告収入も得られます。しかし、販売者の河本さんもセールスレターで語っていますが、ブログなどの文章主体の媒体を使う王道的アフィリエイトと集客の入り口が違うだけで、簡単に稼げる手法などは世の中にはありません。例えば、下剋上などで有名なバナナデスクさんの『Youtubeトレンドマーケティング』があります。Youtubeプレナー育成プログラムの中身上記二つの教材、特に『Youtube100万回再生CLUB』のほうは、再生回数を伸ばすことに特化した商材です。こちらは、詳細なレビューはさせて頂いてませんが、内容と価格が見合っていないという理由で、私的には、おすすめできない教材です。

今やYoutubeの月間ユーザー数は10億人を超えて久しくなり、戦略次第では、相当な広告収入とリスト収集ができるのは、間違いないとは思います。ようするに、私たちがやっているブログからの集客をYoutubeという媒体に代えて集客の規模や裾野を拡げる戦略のようです。「書く」よりも、「話す」ことに長けているならば、『YouTubeプレナー育成プログラム』の手法は、おもしろい結果を出すことが可能だといえます。そういった地道な努力なしで得られるものはほぼありません。これらは、いずれもYoutubeアドセンスで稼ぐ教材です。

Youtubeアドセンスの収入は、いわば、そのおまけとしての位置づけのようです。それと、相反する形で、5,980円というお手頃感と教材内容が比較的しっかりしている『Youtube100万回再生CLUB』という教材があります。しかし、残念ながら私は、人前で話すスキルを全く持ち合わせていません。しかし、かたや、『Youtubeプレナー育成プログラム』のほうは、再生回数というよりも、そこからのマーケティングを展開する教材です。キャッシュポイントがアドセンスによる広告収入なので、再生回数を伸ばすことが、収入を増やす唯一の方法だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加