飲食店のPPC広告はガラ空き市場

キーワード単価も100円を下回るものがほとんどでしょう。都心でも無い限り検索数も少ないですから多くのクリックは期待できませんが、それでもスマホユーザーとの親和性が高くダイレクトに電話予約や来店などに繋がりやすいのです。その基礎から全てこの塾でお伝えをしています。ですがPPC広告で儲かっている事がバレると市場に広告を出してくるかもしれませんが・・それでも飲食店がPPC広告をするという壁は相当高いような気もいたします。ですから営業日・営業時間とスタッフが対応できるようにしておく事が重要です。

PCサイトの場合は24時間広告を出稿していても問題はないのですが、スマホサイトの場合は電話のレスポンスデバイスですから営業時間をしっかり明記しておきましょう。スマホユーザー属性は今すぐに行動するタイプの人が多いですから売上げに直結します。ランディング機能だけではなくしっかりとしたコンテンツを用意しておけば、ブックマークに繋がり今来店しないお客さんでもいずれ来店してもらえる潜在顧客になります。無料ですのでこちらからご登録をして下さい。大体人気ジャンルになりますと1クリック1000円以上になりますからそう考えるとお得です。

レスポンスを逃がさないようにしておけばいいのです。地域特性もありますからライバルが少ないというのもありますが。飲食店オーナーでPPC広告を出そうと考える人がまずいませんよね。ですから今のうちにPPC広告で実験をしてデータを蓄えておくと後々有利に働きますよね。理想はこういったスマホユーザーにもPCユーザーにも対応できるサイトのレスポンシブデザインがおすすめになります。

同じ地域で同じジャンルのお店はそう何店舗もないと思いますし、それらがPPC広告をやっている確率もさらに低いです。予約する時にお店に繋がらない場合は無駄なクリックとなってしまいますからね。よって独占的にネットからのリーチを獲得できる場合もあります。ですが店舗の場合は営業時間に広告を連動させる必要性がありますよね。最近はPPCも注目されていますが今も飲食店のPPC広告はガラ空き市場ですから狙い目といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加