ヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)の税金対策!

世界で定められている税制は国・国籍により異なりますが、租税条約網を利用(居住国と現地法人間での租税条約)した税金対策が 有効な手段の一つと考えられます。

国によっては所得税・住民税と合わせて最大で50%以上も課税されてしまうことがあり、
その後、将来的には相続税や贈与税が発生してしまう国もあります。

日本の相続税は世界中の中でも高く、日本の相続税の最高税率は55%と最高のため、課税価格が大きくなればなるほど相続税は大きくなっています。

そこで、世界中には相続税がない国が存在しており、
カナダ、オーストラリア、イタリアなどの先進国と呼ばれるような国では相続税が採用されておらず、福利厚生が厚いと言われている北欧諸国も相続税の廃止をしています。
そのほかでは、中国やインド等の途上国でも相続税がありません。

ヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)では低税率国を利用した安全な節税スキームを提案しています。

日本での相続税(2015年税制改正後)は、
相続人が二人の場合4200万円超(3000万円+600万円×二人)からは課税対象となりますが、
海外法人を経由した場合に相は続税の大幅軽減が可能となるということなのです。

しかし、被相続人から海外法人への財産移転は売買・貸付は禁止されています。
ですので、被相続人からヴァルハラ・タックスプランニングを経由して海外法人へ売買・貸付を行う手助けをすることが出来ます!

より詳しい詳細が気になる方はヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)へ直接問い合わせてみることをオススメいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加