貯蓄型保険とは??

保険料を積み立てて、保障に加えて、満期を迎えたりすることや、解約をした場合、お金を受け取れる保険を「貯蓄型保険」と呼びます。教育費の積み立て用に使われる学資保険のようなタイプの保険も貯蓄型保険と言われます!

保険で貯蓄をしていくときは、まずは自分の方針を決めないといけませんよね。
例えば、生命保険がメインなのか…、貯蓄がメインなのか…など自分がどのような目的で加入をするのかを決めましょう。貯蓄型保険は種類がたくさんありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。加入をするときはその商品のリスクをしっかりと理解しておきましょう。

最初に、メリットについてお話をしていきたいと思います。
まず、保障と貯蓄が同時にできるということでしょう。
死亡や病気・ケガなど、いざという時に保険金(給付金)が出るだけでなく、満期時や解約をした時も、お金が戻ってきます。商品、解約する時期や保険料の支払い方法によって、戻り率は変わります。

また、意外と貯蓄体質になりやすいことと言われています。
下記2つの理由により、確実にお金が貯まる仕組みがつくられます。
積み立てる保険料が、毎月、自動的に口座から天引きされること。
途中で解約すると、戻り金が支払った保険料を下回る場合があること。
毎月の貯蓄額を決めず、とりあえず余った分だけ貯蓄に回すタイプ。貯金額は決めていても、海外旅行などのイベントの際、貯蓄をとり崩してしまい、結果的になかなかお金が貯まらないタイプは、この貯蓄型保険をオススメしますよ!

また、富裕層向けに資産運用を全て任せるヴァルハラプライベートクラブというプライベートクラブも存在しているようです。
完全に運用をお任せしたいと言う人にはおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加