不動産投資ってどんなもの??

まず不動産投資とは、マンション・アパートを建築し家賃収入を得ることです。
家賃収入のプラス分からローンの返済、必要経費を支払うので自己資金が無くてもスタートできるリスクの低い投資となっております。 そのため、安全性が高く長期的に安定した収入を得ることが可能で、サラリーマンやOLの方、最近では20代の方も資産運用のひとつとして不動産投資を始めている人気の資産運用方法となっております。

なお、マンション経営をしている人のなかには、たった1年で○千万~○億円も稼ぐ人がいるような話をよく耳にするかと思います。めちゃくちゃ稼いでいて旗から見ていると、羨ましい…と思われるかもしれませんが、こうした話には裏があることの方が多いです。

不動産投資で稼いでいるといっても、ローンを返済しているだけだったりすることや、実際は多額の借金を抱えてしまっている人も多いのです。

借金を抱えている状態で空室が続いたりして、金利も上昇していたら、それこそ破たんしてしまいますよね。肝心の本人は危険な状態であることさえ認識していないこともあります。むしろ当の本人は、マンション経営が成功していると勘違いしているのです。

不動産投資で資産運用を考えているならば、まず最低限確認しないといけないことを挙げていきたいと思います。どんな投資にもリスクとリターンがありますので、まずはこの点を確認していきましょう!

まずは空室になることです。空室期間が長引くと、当初予定していた賃料が得られず、投資計画に狂いが生じてしまいます。家賃保証サービスの利用や入居条件の緩和によりリスクを軽減も可能です。また、流動性の低さも挙げられるでしょう。現金が必要になったときに、不動産はすぐに現金化できません。あくまで長期的な投資スタンスを持つことがポイントです。

自分で運用が難しいと感じたら、ヴァルハラプライベートクラブのような資産運用クラブにお任せすることもオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加